青森県神社庁
参拝の仕方
  1. 鳥居をくぐる前に軽く会釈し、境内に入ります。
  2. 手水舎で手水をとり、心身を清めご神前に進みます。
  3. 軽く会釈をしてから賽銭箱に賽銭を入れ、鈴緒を鳴らし、
    「二拝二拍手一拝」の作法で拝礼します。
  4. 軽く会釈をしてから退きます。
手水の作法
神社にお参りし、ご神徳をいただくためには、まず「心身の清浄」につとめることが必要です。したがって参拝の前には、心身を清める意味で「手水」(てみず)を忘れてはなりません。標準的な手水の作法は次の通りです。
 
temizu_1
1.右手で柄杓に清水を汲み、
  左手を清めます。
temizu_2
2.柄杓を左手に持ち替えて、
  右手を清めます。
temizu_3
3.再び柄杓を右手に持ち、左手の
  ひらに清水を受け、口をすすぎ、
  終わって左手に水を流します。
玉串拝礼の作法
神社での拝礼作法は「二拝二拍手一拝」(にはい にはくしゅ いっぱい)です。特にご祈願や祭典などでは、玉串を奉り拝礼します。
tamagusi-1
1.
玉串を受けたら右手で根元を持ち、左手で下から支え、胸の高さに構え、神前に進みます。
tamagusi-2
2.
会釈(45度)後、根元を90度回し、左手を下げ、両手で持ち、祈りを込めます。
tamagusi-3
3.
根元を左手に持ち替え、時計回りに回しながら、根元を御神前に向けて、玉串案に捧げます。
tamagusi-4
4.
「二拝二拍手一拝」
90度に身体を二回折ります。次に胸の高さに両手を合わせ、右手を少し引き、手を二回打ちます。右手を戻し、祈りを込め、手を下げ、もう一回身体を折り、最後に会釈をして自席に戻ります。
to-pagetop